お気に入りのデリヘル嬢とあわよくば店の外でお近づきになりたくて毎月通ったらこうなりました

デリヘルの女の子に好かれるために通った結果

モテる客になる

デリヘル嬢に好かれたいなら急がずながっつくな

投稿日:2016年9月2日 更新日:

デリヘル嬢に好かれたいなら急がずながっつくな

気になるデリヘル嬢がいる男性にとって予算と時間の都合が合えば、出勤情報を頻繫にチェックしてやっと逢えるとなればかなり待ちに待った待望の楽しみとなっていると思います。

当日は逸る気持ちを抑えながら今日は新しい下着を下ろして、歯ブラシも入念にして、体も隅々まで綺麗にした。あとは彼女がくるのを待つのみ!!

気合十分でデリヘルに挑む男性ですが、どんなに待ち遠しかった時間が訪れようとも絶対に初っ端から飛ばし過ぎるのは確実に嫌われます。

お気に入りのデリヘル嬢と親密な距離感を成功させるには

お気に入りのデリヘル嬢と親密な距離感を成功させるには

風俗嬢の扱いを慣れていない人に限って気になる女性の個人情報をあれこれと聞き出そうとするのはNGです、本名や住んでいる地域の詳細、家族構成や携帯の連絡先など、基本的には誰にも知人にバレないという前提でデリヘル嬢というアルバイトをしているだけに、個人情報を教えたくないというのが風俗嬢にとって当たり前の事だからです。

次に風俗嬢としてではなく、個人的に外で逢わないかというのも最初の数回は絶対に言わない方が良いでしょう。

例えそれが誠実な気持ちであっても風俗嬢とプライベートで飲みや遊びに誘えば簡単に本番をさせて貰えるだろうという身体目当ての男性客が非常に多いため、当然そのデリヘル嬢も貴方の誠実さや性格面で安心感がなければ、結局は身体目当ての1人にしか思われないからです。

こうしたデリヘル嬢の状況や考え方が理解していなければ、何をどんなに頑張ったつもりであっても好かれるのではなく警戒されて上手く行かないといった結果しか出ないのです。

大事なのは焦らずに何度も逢う事で安心感を持ってもらう事

大事なのは焦らずに何度も逢う事で安心感を持ってもらう事デリヘルは風俗の中でも女性との会話が多く、単純な性欲処理というよりは1人の女性を知る機会が多いですよね。

他の男性客は限られた時間内にデリヘル嬢の身体を求めて満足したいので、まだ濡れていないアソコに指を無理矢理突っ込むなど女性への気遣いなんて忘れて本能の赴くままに男性だけ楽しんでいる、そして高額な接客業という事もあるので、痛いのに『気持ちいい』と演技しているデリヘル嬢がいるのです。

デリヘル嬢にモテたいとか好かれたいと願うならば、女性の身体を優しく気遣ってソフトに触る事です、会話にしても雰囲気にしても優しく包容力のある男性をしっかりと演じる事です。

こうした事でデリヘル嬢からは『他の男性とは違う』という認識を持ってくれます、つまり初めて出会った初対面では何をどう頑張っても信頼を得るとか安心感を持ってもらうのは無理ですね、少なくても2回目以降となるので、初回は慌ててはいけません。

実際に逢うのが2回目となれば、彼女の笑顔が初回とはまるで違うのが判るはずです、逆に初回でがっついてしまえば二回目はもっと距離感が離れていくでしょう。

年齢差を気にするとか、三枚目だから自信がないというのは正直言ってデリヘル嬢は関係ありません、外見や年齢差で風俗嬢は考えていないのです、その証拠にお腹ぽっこりだから避けるなんて事もないですね。

デリヘル嬢が親近感を覚えるのは男性の内面や性格面を重視します、彼女には自分は釣合わないとか考えるだけ無駄で、普通に笑顔で安心感を持って貰い、二回目より三回目と言った具合に単なるお客様ではなく会話や話題の内容は出遭う回数分だけ個人的な話は自然と出てくるはずですよ。

風俗嬢に好かれたいならば、安心感を持ってもらう事で焦らず優しく接すれば確実にモテる男性はこうも違うのかといった具合に実感できると思います。

-モテる客になる

Copyright© デリヘルの女の子に好かれるために通った結果 , 2018 AllRights Reserved.