デリヘルの女の子に好かれるために通った結果

お気に入りのデリヘル嬢とあわよくば店の外でお近づきになりたくて毎月通ったらこうなりました

*

デリヘル嬢が嫌う男性客

   

デリヘル嬢が嫌う男性客デリヘル嬢から嫌われるお客様というのはどこでも必ずといって良いほどいます、もちろん嫌われるレベルにも寄りますが、最悪な場合だとそのお店が利用できなくなる出入り禁止客(通称:出禁)だったり、特定のデリヘル嬢には二度と案内してもらえないNG客というのもあります。

しかし出禁というブラックリストになったりするのは嫌われるというよりは、無理矢理女性に本番行為を行うとか、他店へのスカウト行為、ストーカーや盗撮など、余程の内容を行った場合にしか出禁にはそうそうならないものです。

そして意外にも身近なのがNG客に指定される事かもしれません、デリヘル嬢がプレイ終了後に『今のお客様は二度と逢いたくない』と言えば、手軽にNG指定されてしまうので、利用客の知らない処で実はNGにされていたなんて事は良くある話なんですよね。

NGに指定されたお客はほとんどが気がつかない

NGに指定されたお客はほとんどが気がつかないNGにされたお客様は当然の様に気に入った女性であっても次回から予約を断られてしまいます、具体的にはお客様に『貴方はNGなので○○ちゃんには案内できません』なんて事は絶対にお客様に言わないのです。

実際問題としてプレイをしている処は誰も見ていないだけに、女の子がNGとした嫌がる内容をそのまま鵜呑みには出来ないし、同じ内容であっても他の女性だったら何一つ問題と感じない場合だって多くあるだけに、他の女性に案内してみてそれでも大問題となれば、長期在籍していてお客様の取扱いに熟練した女性のみ案内するなど、お客様はお金を払って女性を選ぶ様に、風俗店としても問題のあるお客様は案内しないという選択肢もあるという事ですね。

この事からもNGになったお客様には『今日は予約でいっぱいです』とか『急に出勤時間が変更になってしまいこれからの時間は案内できません』とか『急なお休みになってしまったんです』など、機嫌を損ねない様にNGを出した女性には予約ができないと丁重に対応をして、他の女性を勧めて案内するという手法をとるので、お客様自身はNGにされたとは全く気が付かないというのがほとんどです。

何度もその女性に執着心をもって予約をしてきて、これは余程だなと風俗店のスタッフが思い、面倒なお客様だなと感じた段階で『申し訳ないです、NG出されています』としっかりとお断りする事になるのです。

デリヘル嬢が嫌がるお客様はどんな人なのか

デリヘル嬢が嫌がるお客様はどんな人なのかお客様の容姿な年齢などでデリヘル嬢が嫌うなんて事はまずありません、お相撲さんみたいな体型であっても、チンコの毛が既に白髪になっているおじいちゃんであっても、キモオタ君であっても、見かけでお客様を嫌がってNGにするデリヘル嬢ってまずいないと言って良いほどに許容範囲は広いのです。

お客様は全く悪くないのにNGにされる男性客

お客様は全く悪くないのにNGにされる男性客自宅要望で頼んだお客様が、実はデリヘル嬢の住んでいる家に近すぎたとかいう場合は案内できません(笑

この様にデリヘル嬢のプライベートがバレてしまう可能性がある時、当然お客様は全く予期せぬNG客という扱いになるのです、もちろんデリヘル嬢の自宅でなくても大きく言えば生活範囲という事になるのです、頻繁に行く友達の家からすぐ近所だったりも当てはまるんです。

そしてお客様がこういう事で自爆する場合もあります、デリヘル嬢と盛り上がった会話の中で共通の知人なんていた暁には確実にNG客として次回からは逢えません。

男性客からすれば会話も盛り上がって気に入った女性であっても、デリヘル嬢からすれば知り合いの友達だとなれば、風俗のアルバイトがどこでバレるか判らないとなり、当然避ける対象とされていまうんですね。

感覚の違いでデリヘル嬢から嫌われる自覚がない男性客

感覚の違いでデリヘル嬢から嫌われる自覚がない男性客自分の中の常識は全ての他人も同様に考えているとは限りません、立場や状況が違えば嫌われてしまうのも当然といった事でNGにされる原因はどんなものがあるのでしょうか。

まずはプレイに関する事ですが、本番強要がひつこいとか、デリヘル嬢が嫌がるプレイをしてきた場合に当然嫌われますw

これってある意味で他のデリヘル嬢では許容範囲だったとかなどもあるので、一例で言えば、人妻専門店のデリヘル嬢は濡れていないアソコをぐりぐりとイジっても、痛いのを我慢して『凄く上手いわ、気持ちいい!』って言って、お客様のするプレイを常に肯定して褒めまくり、気に入って貰って収益に繋げ様と頑張る女性がいるのです。

当然そこまで無理してお客様を喜ばせようなんてデリヘル嬢は若い女性ほどいないので、フェラをしたら後頭部を手で押さえられてイマラチオで呼吸が苦しくて辛かったなんて事になれば、普通のデリヘル嬢ならば怒って当然ですね。

濡れていないアソコに強引に指を入れてグリグリすれば、女性は防衛本能として摩擦を軽減させる為に濡れてきます、これは決して気持ちが良いのではなくて、痛みに耐えるしかなく、膣内から出血というのも珍しい話ではないのです。

人妻デリヘルで通用しても、若いデリヘル嬢ともなれば痛みを我慢してまでプレイをするつもりはないので、嫌がられて当然なのですが、男性客からすればいつもは大丈夫なのに、なんでプレイ的にアレも駄目、コレも駄目と言われるんだと不満を漏らす男性客すらいるんですね。

常識がズレている男性客

常識がズレている男性客ストーカーを始めとして、デリヘル嬢は内緒で働いているだけに個人情報を知られるのは一番避けたいと思っているのです。

デリヘルで案内された事のある女性を街で見かけて、本名すら知らないのに声をかければ、その女性からすれば想定外の事態で戸惑いや挙動不審になるほど驚くのが現状です。

内緒で働いていてデリヘルで接客する時の源氏名で声を掛けられたとなれば、突然の事で冷静な判断ができない女性は逃げ出す事もありますね、特に友達が近くにいたとかなれば少なからずちょっとパニックになっているので、いつもなら上手い切替しができる女性であっても、拒絶反応を起こす可能性すらあるのです。

軽い気持ちで挨拶程度に声をかけたはずでも、デリヘルで働いているのを誰にも知られたくないと考える女性にとっては、デリヘルで本指名の良いお客様であってもお店以外の場所では困ってしまうというのをつい忘れがちになっているのが原因かもしれませんね。

そして重症なお客様ともなれば、好きな女性の事は何でも知りたいと、本名や電話番号だけでなく何処に住んでいるのかとか、廻りが見えない行動を起こすストーカーは既に論外といえるのではないでしょうか。

笑顔の会話でもデリヘル嬢の内心は嫌がるトーク

笑顔の会話でもデリヘル嬢の内心は嫌がるトークNGとかにはしないけど、デリヘル嬢が嫌な客だったと思う会話の内容は意外とあるものです。

代表的なのが『自慢話をするお客様』ですね、男性客からすれば仕事が成功してちょっとお金持ちになって高級車を購入したとか、ちょっと聞いて欲しい程度の他愛の無い会話であったとしても、受け取り手がデリヘル嬢ともなれば自慢話と感じる事は多々あるのです。

会社の同僚ならば、凄いねと褒めてくれる内容だったとしても、デリヘル嬢からすれば他人の話というのは間違いないです、では何故成功者に対して素直に喜んで上げれないかというと、女性自身がお金がなくて好きでデリヘル嬢としてバイトをしている訳ではない立場だけに、成功者には自分の状況と比較して悲観的に感じてしまう女性が多いという事です。

羨ましいと感じる事が強くなり、自分の置かれた状況からは逆立ちをしてでもそんなチャンスは巡って来ないし、成功者は雲の上の人となるので、妬ましさすらあるといえます。

自分が出来ない事を平然とこなし、自分には全く関係ない話だけに、自慢話をする男性を敬遠する傾向があるという事ですね。

あとは、医者がお客できて性病の怖さを語るとか、デリヘル嬢を見下した態度や喋り方をする男性、教師がお客様で来て別の仕事をしろと説教するとか、脈絡のないおせっかいは嫌われるものです。

デリヘル嬢を理解すればもっと楽しめる

デリヘル嬢を理解すればもっと楽しめる一般女性を口説くのとデリヘル嬢を口説くのでは大きな状況の違いがあるだけに、悪気は無くても嫌われたとか、誤解を受けたなんて事も当然あるわけです。

風俗嬢を口説く目的でなくても、デリヘル嬢を理解する事で風俗遊びではもっと充実した楽しさを感じる事だって出来るだけに知っておけば得する事もあるかもしれませんね。

実際にデリヘル嬢がどういった悩みがあって、どういう状況なのかを理解するのにお薦めなのが成田デリヘルの風俗求人相談所というサイトが判り易いかもしれません、具体的な風俗嬢の悩みやアドバイスを記事として多数掲載しているので、読めばいろんな女性がいろんな悩みを持っているという意味でも判りますよ。

 - こんなはずじゃなかった

  関連記事

船橋のデリヘル嬢を口説いて付き合って失敗した例
船橋のデリヘル嬢を口説いて付き合って失敗した例

船橋のデリヘルを何度と無く遊んで経験を積めば、テクニックよりも雰囲気や会話を楽し …

デリヘル嬢に多いのがメンヘラ女性の扱い方
デリヘル嬢に多いのがメンヘラ女性の扱い方

デリヘル嬢の何割かは恐らくメンヘラだと思います、誰から見ても挙動不審というのは既 …